日本で圧倒的に人気を集めているフェリージ

フェリージ ビジネスバッグ ブリーフケース

フェリージは、日本では多くの人気を集めているバックブランドです。発祥はイタリアですが、イタリアよりも日本でのほうが高い人気を集めており、販売量は日本がトップをしめています。
フェリージは、「古きものは、美しきかな」というコンセプトを掲げています。コンセプトをもとに遊びなれた大人だけが扱えるデザインやクオリティの製品を製作しています。

フェリージの歴史

フェリージの発祥は1973年、イタリアのフェラーラで始まりました。最初は小さな革製品の工房でした。初代の社長はアレッサンドロ・フェリージとアンリ・リザ・フェッローニの二人です。アレッサンドロ・フェリージとアンリ・リザ・フェッローニの二人が作る製品はデザインと質の良さにこだわって製作されていましたが、現在では優秀な技術者が50人以上在籍しています。1996年にはドメニコ・ベルトラーニというデザイナーを向かえ入れることでフェリージのデザインはさらなる飛躍を果たしました。

ベジタブルタンニン鞣しの革を使用

フェリージの全ての製品は、フェラーラーにある工房で行われています。全ての製品の1点1点が専門の職人によって製作されており、製品にはそれぞれのモデルナンバーが刻まれています。
また、製品にはフェリージ家の紋章が刻印されている。製品に用いられている革はナチュラルレザーがほとんどです。ナチュラルレザーはベジタブルタンニン鞣しによるものであります。ベジタブルタンニン鞣しは、革の形状の変化が少なく、素材自体を丈夫なものにしますし、摩粍に強くなるなどの利点がありますが、あまりにも手間がかかって、コストもかかってしまうために、最近ではあまり用いられることのなくなっている、とても贅沢な加工法なんです。

ベジタブルタンニンなめし

フェリージが行っているベジタブルタンニンなめしは、古くから用いられている樹木エキスを使って、革質を安定させる方法です。
ベジタブルタンニンなめしは、植物に含まれているタンニンと、革に含まれるコラーゲンを結合させて、革の繊維組織を安定させるのです。
フェリージのベジタブルタンニンなめしは、古くからの方法なのですが、化学薬品を一切使わず、天然素材のタンニンを使った方法で、環境保護という点からも注目を集めているそうですよ。
ベジタブルタンニンなめしによる革は、形状の変化が少なく、素材自体を丈夫なものにしますし、摩粍に強くなるなどの利点がありますが、あまりにも手間がかかって、コストもかかってしまうために、最近ではあまり用いられることのなくなっている、とても贅沢な加工法なんです。

使い込んで、自分だけの「色」を楽しめる

フェリージの定番は、レザー×キャンバス、レザー×ナイロンといったものですが、レザーはフェリージが最も得意とする素材であり、ベジタブルタンニンなめしによるナチュラルレザーです。
フェリージを初めて購入される方で、独特な「色むら」や「しわ」が気になってしまう人もいるかと思いますが、これは、高品質の自然素材の証なのですので、使い込んで、自分だけの「色」を楽しんでください。

スポンサードリンク

フェリージの特徴

フェリージの製品は、生産量がごくわずかなため、希少価値がありますし、独特の暖かい風合いで、使い込むことで味わいがでてくるのがフェリージの大きな特徴です。